横山工業株式会社 HOME サイトマップ お問い合わせ

ごあいさつ 会社概要 沿革 事業内容 目標 方針 #
キャビテーション発生ノズル
特徴 概要 特徴 Q&A お問い合わせ

1.大口径・大容量
原理的にあらゆる口径の設定ができ、大容量処理が可能です。
図は8Φのノズル

2.超低圧駆動
キャビテーション発生圧力が約2気圧(20MPa)という極めて低圧から開始するため 駆動部に通常のポンプが使用できます。

3.超低価格
初期導入コスト、運転コスト共に従来装置と比較とならない(1/10〜1/100)レベルのコストです。

4.高信頼度・長寿命
低圧駆動によりシステム信頼度は飛躍的に向上すると共に、一部パーツのメンテナンスにより 半永久的使用が可能です。

5.二つの使用モード
(1)キャビテーション発生モード
(2)気液混合モード

Copyright (C) 2004 YOKOYAMA-KOUGYOU All Rights Reserved.